St.CATHERINE 聖カタリナ大学 短期大学部 附属幼稚

当園のごあんない

入園案内&見学説明会

モンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育とは

1870年、イタリアに生まれた女性医師、マリア・モンテッソーリが提唱した教育法です。
彼女は世界中の子どもたちが、自己の感覚、思考力、知覚力を身につけられる教材を作り、幼児教育に生涯を捧げました。その独自の教育法はすばらしい効果をもたらしています。

ルールや基本を学ぶ

  • ルールや基本を学ぶ
  • ルールや基本を学ぶ
  • ルールや基本を学ぶ

聖カタリナ大学短期大学部附属幼稚園が導入している、モンテッソーリ教育では「日常生活の練習」を中心に、子どもの手のサイズにあった教具を、「自分で」選んで使いながら、基本的な習慣が身に付くように繰り返し練習します。

日常生活の練習

日常生活の練習

実際のものとの出会い・自己確立

  • 一人でできる活動(自己訂正できる)
  • 幼児サイズの美しい実物での練習(身支度・食事のマナー・掃除など)
  • 社会生活への適応(思いやり・役割分担)
  • 運動の分析と調整(指先の器用性・持ち運びなど)
感覚教具

感覚教具

知的活動の準備

  • 外界の刺激を受けて正しく受容する力を養います。
  • 五感を繰り返し使うことによって、高度な発達を促します。
数の教育

数の教育

抽象能力・想像力の発達
幼児は数量について実生活の中で漠然と体験しているので、具体物を使って理論的に、系統的に学びながら、より数に対して興味を養います。

言語の教育

理解力・表現力の養成
話し言葉(聞く・話す)から、書き言葉へ・・・
子どもは、体験を通して、それらの状況を適切に表す言葉を見つけ記憶し、言語の楽しさ、面白さを知ると同時に難しさも味わいます。また、「美しい絵本」や「素話(すばなし)」などとの出会いにより、より良いイメージの広がりを助けます。

文化の教育

自己充実と知的好奇心の深まり
生物・地理・歴史・音楽・宗教・美術などの分野

[ 文化との出会い ]
子どもの興味は、身の周りから外の世界へと広がり、宇宙的視野に向かっていきます。

[ 愛・平和 ]
生き生きした生活をし、豊かな感性を育てることにより、人の心の動きも受け止める優しさ、思いやりが育ちます。

運動

運動

人間形成を援助する
室内外に配備された種々の体育用具に、友達や保育者とのかかわり、個々の趣味・関心を生かし、意欲的に取り組めるように配慮します。

音楽

音楽

情操を豊かにする
美しい音楽に親しみ、リズムのある生活を大切にします。
良い感性を育てます。(喜びのみでなく、悲しみ、心の痛みも受け止められるように)

絵画指導

絵画指導

発想を豊かに育てる
いろいろな素材を使って、のびのびと自己表現する面白さ、楽しさを味わわせます。

いろいろな表現の場を経験することにより、完成の喜びや、やり遂げた満足感を持つことができます。
それによって自信がついたり、また挫折感も時に味わったりしながら、深まる友達とのつながりを大切に、幼稚園生活を楽しんでいきます。