St.CATHERINE 聖カタリナ大学 短期大学部 附属幼稚

当園のごあんない

入園案内&見学説明会

教育方針&目標

教育方針

  • 本園はカトリックミッションスクールとして、変わらない真理に基づく「心の教育」を大切にしています。キリストが身をもって示された生命の尊さと神の愛を友達や教師とのかかわりの中で体験し、「生かされている」ことに感謝できる心を育みます。
  • 幼児の持っている特性をとらえ、自ら主体的に活動できるよう、環境用具を整えながら幼児教育の基礎教育を実施します。

教育目標

個人の楽しい経験の場としての生活環境を整え個人差に留意しながら心身の発達の助長をはかり、集団生活を通じて人間関係を育み、自主性・社会性・創造性の伸長を図ります。

  • だれとでも仲良くあそべる子ども
  • よく聞き、よく見よく考えてやりとおす子ども
  • 良心の声に従って行動できる子ども
  • 神の恵みに感謝する子ども

教育内容

3歳から6歳までは、自己確立する上で最も大切な時期です。この時期の幼児は、「自分でできる」ために、生活の中に”秩序”と”方向性”を求めています。この深い要求に答えるために、本園では適切な環境とモンテッソーリ教具を教育方法に取り入れています。

モンテッソーリ教育とは?

カトリック幼稚園とは

目的
幼稚園の教育基準になるものは「幼稚園教育要領」ですが、カトリック幼稚園では更に、キリスト教の愛の精神に基づく人間教育を目的とします。
目標
  • 宗教的雰囲気のうちに、神と隣人に対する愛、祈る心、正しい人間としての生き方の基礎を培います。
  • 子どもの発達段階に応じて、生活や遊びの中で人とのかかわり、積極的に物事に取り組む意欲、豊かな感性を身に付けるように導きます。
  • 教育の中で重んじられている知育・体育の他に特に徳育に力を入れ、生命と心を宿している一人の人間として導いていくことに重点をおきます。

カトリック幼稚園で育つ心

  • 幼い子ども自身の心に訴える躾が大切です。幼い子どもの心に育ちつつある良心を大切にし、誰も見ていなくても、神の、み前に正しく生きる姿勢を身につけるように導きます。
  • 子どもの発達段階に応じて、生活や遊びの中で人とのかかわり、積極的に物事に取り組む意欲、豊かな感性を身に付けるように導きます。
  • 神と周りの人に「ありがとう」「ごめんなさい」の言葉を素直に言える心を育てます。大切な幼児期に感謝する心と過ちを認めて詫びる心を持つことができるようにします。
  • 自分で善い・悪いの判断ができる心を培います。しっかりした「自分」を失わずに生きぬくために、識別する力を養います。

※本園は、キリスト教、カトリックに関係なく一般の方々にも開かれておりますので、ご自由に入園できます。